カンボジアの経済について2
スースダイ!

前回はカンボジアの経済はイケイケ?と書きましたが

本当にそうなのか

といことでマイナスだなと思うところを書いて行きたいと思います。

まずは交通事情

カンボジアでは交通手段がトゥク、バイク、車、バス
になります。

電車もありますが無いと考えた方がいいくらい走ってませんし

線路なんかを見るとこれいつか応援するんじゃ無いって感じがします。

これによりプノンペンはラッシュ時はものすごい渋滞になります。

5キロ進むのに1時間以上かかることもあります。

インフラをもっとしっかりしていかないとこれ以上の発展は難しいかなと思います。

次は中国頼りの物流

カンボジアは中国製品で溢れていますし

周辺の国と比べるとカンボジアに工場は少ないのですが

その工場もコロナの影響で中国からものが入ってこないとなると

生産が止まってしまうものが多くありました。

中国が終わるとカンボジアは終わります。

国民性

カンボジアの人々は良い意味でも悪い意味でもとてものんびりです。

何かにこだわってやり続けるということもあまり無いように感じます。

市場なんかでも店員はスマホばかり見て接客にやる気なし

車なんかでも修理は得意なものの

メンテナンスをしないのですぐ壊れてしまいます。

昔友人とカンボジアで車の工場を誘致すると良いのではないかと

話をしたことがあります。

(韓国のヒュンダイの工場はあるみたいですが日本の車の工場は無いと
聞いています。)

結論として無理だろうということになりました。

のんびりな国民性

悪く言えば怠惰な国民性

恐らく精密機械を管理できない。

きつい仕事になると辞めてしまう。

時間を守らない

ものを作るのは結局人

人がまだ育ってない。

教育のレベルもまだまだ低い。

と話をしました。

カンボジアでは色々な店が次次できています。

でも色々な店が次次潰れます。

カンボジアは発展する可能性も多いにある国で

成功をつかめる可能性も大きい国だと思います。

しかし、リスクは高い。

日本に比べて圧倒的に高い。

そんなことを感じさせる国です。

カンボジアの経済によって

投資が成功するかどうかも変わってきます。

カンボジアの経済は今イケイケ!

ですがリスクは日本の数倍以上!

それを理解した上で参入しなければなりません。

私は一応それなりに勉強した上で投資を始めました。

可能性を信じて!

カンボジアの経済についてはもっともっとこれからも勉強していきます!!



スポンサーサイト



[2020/06/05 16:21] | 投資の話 | コメント(0) | page top
<<カンボジアの経済3賃金 | ホーム | カンボジア経済の話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |