カンボジアの不動産
スースダイ!


最近カンボジアの不動産もちょっと行き詰まっているみたいで。


以前にも不動産については書きましたが。




建築ラッシュのカンボジア。




サービスアパートメントと言われる




高級アパート、マンションが次々に建てられています。


ただこのコロナの影響を不動産会も受けているみたいです。




鎖国状態のカンボジア。




海外から人が入ってこない。




頼みの中国人も今はまだ少ないです。




投資家も入ってこれない。




すでに建てられて売られているマンションもガラガラ




まだ建築中の建物も資金が不足して




途中で止まってしまう可能性があるところもあるとか。


今は不動産は気をつけたほうがいいかもしれませんし




逆に安くなってきてチャンスかもしれません。




私はこの辺り全然素人なのでこれ以上のアドバイスはできません。




申し訳ないです。




現状としてカンボジアの不動産の様子をお知らせします。






よんちち









スポンサーサイト



[2020/07/24 11:23] | 投資の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カンボジア投資の1番の怖いところ
スースダイ!
仕事も終わりスッキリ気分でブログを書きます!
カンボジアではドルとリエルというお金が使われます。
USドルはこちらの一般的なお金といっても良い通貨です。


ドルが使えるのは大変ありがたく
経済にも影響を与えています。


しかしこういうニュースがありました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e83f2b3eb68f49027c38080a7286d5fd847d88c5

レバノンの通貨が70%下落
カンボジアの定期預金などの場合はドル建てなので
カンボジアの通貨が下落してもある程度は安心です。


しかし株の場合はどうでしょう?


実は株の購入はリエルでしかできません。


なので国がデフォルトしたり通貨の価値が下がった時には今持ってる株の価値がゼロになってしまう可能性もあります。


これがカンボジアの株の怖いところ。


カンボジアの経済はこれから伸びていく可能性が高い。


でも


デフォルト、破産する可能性も高いです。


ぶっちゃけ一か八かです。


なので全額ぶっこむ行為は自殺行為ともいえるのでやめましょう。


余裕を持って投資していくことをお勧めします!




よんちち

[2020/06/13 17:46] | 投資の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カンボジアの投資 そもそも何ができる?
スースダイ!

今日は土曜日!

カンボジアは土曜日でも働く人が多いです。

自分は休みです。

さあカンボジアの投資についてですが

そもそもカンボジアではな何ができるのか

細かく言えばいくつかありますが
大きく分けて3つかなと思っています。

それは



不動産


定期預金


の3つです。


今回は不動産について紹介わします。

ここカンボジアでは

外国人は土地の購入が

できません


じゃあなにを買うのという感じですが

マンションやアパート一戸建てを買う人が多いです。

それをレンタルしたり、転売したりする方が多いみたいです。

実際に私の知り合いもこれで生計を立てている人もいます。

それこそ不労所得で

ご自身も3000ドルくらいのところに住まれているので

結構良い暮らしをされてます。

自分も誘われたことがあります。

資産的に余裕がある人はやってみる価値はあるのかなと思います。

今は需要もあるみたいですし。

ただ自分は

この国で不動産投資は


やらないです!


今バブルが買ったあるカンボジアでは
多いに可能性のあるものだと思います。
恐らく大儲けする人も出てくるでしょう。
でもそれと同じくらいリスクがあります。

リスク一つ目は

土地が自分のものにはならない


これは非常に大きいですね。
たまに現地の人を通じて土地を手に入れている人がいます。
そういう方法もありますが
その人を完全に信用しなければなりません。
お金だけ取って逃げちゃうカンボジア人もいます。
土地は実際に買うけどしばらくして勝手に売ってしまった逃げる人もいます。
名義が彼らのものなのでやりたい放題です。
よほどの信頼関係ができていない限り土地の購入は
やめておいた方がいいと思います。

マンションの部屋購入

転売は?



需要はそこそこあるみたい

でも

今は


という感じです。

物凄い数のマンションが建設中です。
日本の比ではない
実は今でもそこそこ空きが目立ち始めてるところに
この大量建設

率直に

こんなに需要ないでしょ



もちろんこれからの人口増加
中国人の流入
などによるとは思います。
可能性も高い投資ですが

気がつけば借金だらけ





ってことにもなりかねません。

またお金を払っていたのにマンションの建設が途中で終わってしまった
という話もあるみたいです。
恐ろしいですよね。


リスクはあるけど大量に稼ぎたいんだって人にはいいかもしれません。


最後は

一戸建てはどうなの?


ということですが
こちらも最初に述べたように
土地が自分のものにはならないという問題と
維持費が半端ない
という問題があります。

維持費は
まずこちらの建築はめちゃくちゃ適当です。
高級マンションでもヒビや隙間があったり
虫が湧いてきたりします。
もちろんきちんとしたところもありますが
一戸建てなら尚更そういうところが多いみたいです。

セキュリティーの問題も出てきます。
大きい家はガードマンを雇ったりしていますので
その分毎月余分に費用がかかります。
その他にも通常のメンテナンスや
維持費はものすごくかかります。
はっきりいって日本で一戸建てを買うよりも全然お金がかかります。



とはいえ色々とリスクばかりをお話ししましたが

儲けている人がいるのも事実

不動産は儲かることが可能

でもリスクも高い

というのを頭に入れて投資しなければならないと思います。


あくまでも個人の感想なので
参考までにしてください。

営業妨害とか言わないでくださいね。


あ、あと最後に気になったのは

この投資は詐欺も非常に多いです。

最近日本で捕まってニュースになった人もいれば

国際指名手配されている人もいます。

差別的と言われるかもしれませんが

在日朝鮮人の人がその手の話を持ちかけてくるという人も多いみたいです。

しっかりと自分で考えてから動いてくださいね。


よんちち









[2020/06/06 12:32] | 投資の話 | コメント(0) | page top
カンボジアの経済3賃金
スースダイ

カンボジアの経済について話していますが

あくまで個人的な感想もありますので

参考程度てくださいね!

さぁ今回は賃金の話

経済とも関わってきます。

カンボジアの人はどれくらいお金を稼いでいるのだろう?

一般的には300ドルと言われることが多いです。

大学を卒業してたら500ドル〜800ドル

日本円にして3万〜8万くらいですね。

日本の感覚からしたら非常に少ないですね。

じゃあ実際どうなのか

自分のわかる範囲では

某日系の焼肉屋の店員さんは
1時間0.5ドルと言っていました。
1日8時間働いて4ドル、400円程度

少ないですね。。

まかないが出るとは言っていましたが

日本人ならちょっと働くのは厳しいですね。

他にもナニーさんというお手伝いさんを1ヶ月頼んでも120ドルでした。

1日8時間くらいいてくれます。

専用の車と運転手を月契約して350ドルほど
こちらも8時から6時とかで契約し
呼べばいつでも来てくれます。
ガソリン代も含まれています。

例を3つほど上げましたが本当に人件費が安い

これが今後の経済の鍵になるでしょう。

人件費が安いから工場の誘致や建築の発展につながるのか

いやでも国民性が。。。笑

というような不安もありますが

それとカンボジアの人件費は今急上昇しています。

雇用側にとってはこれはマイナス。

今はベトナム方が安いのではという話もあります。

人件費が上がっていくと単純にカンボジアの国民の生活が

上がるのだろうか?

企業の撤退になるのだろうか?

それはわかりませんが

株や不動産にとってはプラスの材料もありますね。

これは私が投資を始めた一つの要因です。

これ以上ここがマイナスになるのはあり得ないので

それに伴ってカンボジアの不動産や株価は上がっていくだろう

と思っています。

あくまで素人の考えですが



よんちち
[2020/06/05 16:43] | 投資の話 | コメント(0) | page top
カンボジアの経済について2
スースダイ!

前回はカンボジアの経済はイケイケ?と書きましたが

本当にそうなのか

といことでマイナスだなと思うところを書いて行きたいと思います。

まずは交通事情

カンボジアでは交通手段がトゥク、バイク、車、バス
になります。

電車もありますが無いと考えた方がいいくらい走ってませんし

線路なんかを見るとこれいつか応援するんじゃ無いって感じがします。

これによりプノンペンはラッシュ時はものすごい渋滞になります。

5キロ進むのに1時間以上かかることもあります。

インフラをもっとしっかりしていかないとこれ以上の発展は難しいかなと思います。

次は中国頼りの物流

カンボジアは中国製品で溢れていますし

周辺の国と比べるとカンボジアに工場は少ないのですが

その工場もコロナの影響で中国からものが入ってこないとなると

生産が止まってしまうものが多くありました。

中国が終わるとカンボジアは終わります。

国民性

カンボジアの人々は良い意味でも悪い意味でもとてものんびりです。

何かにこだわってやり続けるということもあまり無いように感じます。

市場なんかでも店員はスマホばかり見て接客にやる気なし

車なんかでも修理は得意なものの

メンテナンスをしないのですぐ壊れてしまいます。

昔友人とカンボジアで車の工場を誘致すると良いのではないかと

話をしたことがあります。

(韓国のヒュンダイの工場はあるみたいですが日本の車の工場は無いと
聞いています。)

結論として無理だろうということになりました。

のんびりな国民性

悪く言えば怠惰な国民性

恐らく精密機械を管理できない。

きつい仕事になると辞めてしまう。

時間を守らない

ものを作るのは結局人

人がまだ育ってない。

教育のレベルもまだまだ低い。

と話をしました。

カンボジアでは色々な店が次次できています。

でも色々な店が次次潰れます。

カンボジアは発展する可能性も多いにある国で

成功をつかめる可能性も大きい国だと思います。

しかし、リスクは高い。

日本に比べて圧倒的に高い。

そんなことを感じさせる国です。

カンボジアの経済によって

投資が成功するかどうかも変わってきます。

カンボジアの経済は今イケイケ!

ですがリスクは日本の数倍以上!

それを理解した上で参入しなければなりません。

私は一応それなりに勉強した上で投資を始めました。

可能性を信じて!

カンボジアの経済についてはもっともっとこれからも勉強していきます!!



[2020/06/05 16:21] | 投資の話 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>